MVNOは通信速度が安定していない?

格安SIMは毎月のスマホ使用量の支払いがキャリアよりもかなり安くなると評判で、年々契約数を伸ばしています。しかし格安SIMの台頭の陰で、通話はまったく問題がないのに通信が遅い、安定していないとの不満の声があるのも事実です。
格安SIM、つまりMVNOとは大手キャリアが持つ通信インフラを借り受けてネット回線を提供している会社であって、MVNO会社自体が通信回線を持っている訳ではありません。


MVNO会社がキャリアから一定の速度をレンタルしているため、それ以上の速度でネットを利用することはできません。


また朝や夕方から夜にかけて多くの人が回線を利用する時間になると、格安SIMスマホでは繋がりにくいケースも多々見られます。

特に動画やゲームは大量のデータ通信を必要とするコンテンツは満足に楽しめず、画像の表示も遅いと言われています。


格安SIMの悩みである回線の遅さ、不安定さを解決する一番早い方法はWi-Fiです。自宅にWi-Fiを引いていれば、スマホで契約した通信量とは無関係にネットを利用することができます。

ゲームや動画など大量の通信量を使う場合は断然Wi-Fiを使った方がよいでしょう。実際に店舗で格安SIMを契約する場合は、店員から自宅にWi-Fiがあるか尋ねられることがほとんどです。



また現在Wi-Fiが家にない場合は、MVNO会社が提供するWi-Fiも同時に契約すると、スマホ契約時に割引を適応している会社もあります。



格安SIMスマホを快適に利用するには、Wi-Fiを併用することが前提になっているのが現状です。

もし家にWi-Fiがない、自宅でWi-Fiを利用するつもりもない、という人は通信がより安定しているMVNO会社のスマホを契約するか、フリーWi-Fiサービスを利用するという方法があります。
フリーWi-Fiは自治体やカフェなどの店舗が行っている場合もあります。

また大手キャリアのWi-Fiも使えるMVNO会社もあるので、格安SIMを選ぶ際には、外でどれだけのWi-Fiが使えるかも調べておくとよりストレスなくスマホが利用できるでしょう。

MVNOとは大手キャリア会社から通信インフラをレンタルしていると先ほど説明しました。



回線が遅い、繋がりにくいとの不具合を受け、定期的に回線の増強をしているMVNO会社もあります。

ただどの頻度で回線増強をしているかは、公表していないMVNO会社もあれば、公開している会社もあります。回線速度については、比較サイトや口コミを見て判断するしかありません。


中には通信速度が速い、安定している、定期的に回線増強をしていると強調する会社もあります。

ネット回線はあまり使わないという人なら、最低限の速度の契約のみで大丈夫でしょうが、ゲームや動画、仕事でもスマホを使うという人の場合は通信速度は重要なポイントですので、Wi-Fiと併用するか、もしくは通信速度が安定しているキャリアスマホにした方がストレスはないでしょう。