MVNOの契約時に確認するべきこと

MVNOに申し込みをする時にはいくつかのものがあります。


すぐに用意することが出来るものもあれば、用意するのに時間がかかるものもありますので、申し込みをする前に確認をし、用意しておくようにしましょう。
まず、申し込みをする時には、SIMカードを購入する必要があります。初期手数料として、3000円程度必要となります。



そして、支払いのためにクレジットカードを用意する必要があります。
MVNOによっては、クレジットカード決済以外の方法で支払いをすることが出来るところもありますが、ほとんどのMVNOは毎月の支払いがクレジットカード決済のみとしていますので、注意が必要でしょう。
既に他社で契約をしており、MVNO乗り換え時に引き続きその電話番号を使いたいという場合には、MNP予約番号という番号が必要となります。

この番号は新規契約を擦るという時には必要ありませんが、引き続き番号を使いたい場合には、あらかじめ申込みをし、MNP予約番号を取得しておくと良いでしょう。
スマートフォンは機種によってSIMカードのサイズが異なります。
MVNOのSIMカードを購入するという場合には、機種に対応したサイズのSIMカードを選ぶ必要があります。



既に手元にスマートフォンがあるという場合には、その機種の取扱説明書を確認したり、スマートフォンからSIMカードを取り出しサイズを確認するようにしましょう。サイズが異なるSIMカードを購入した場合、交換に応じてくれるところもありますので、それも含めて確認しておくと良いでしょう。
既にスマートフォンを他社で契約しているという場合、契約状況によっては、MVNOに乗り換えるタイミングを間違えてしまうと、違約金が発生する可能性があります。特に、多くの人が利用している2年契約の場合は、違約金が発生しない時期が限られていますので、乗り換えるタイミングを誤らないようにしましょう。

MVNOの数は非常に多く、それぞれが独自のサービス・料金を設定しています。



その為、どのMVNOを選べば良いか分からないという人も少なくはありません。


そこで、MVNOやプランを選ぶ時には、自身がどのような通信端末の使い方をしているのかを考えるようにしましょう。

データ通信を良く利用するという場合には、データ通信の容量が決められていないプランがオススメです。

容量が決められているプランの場合、その容量を超えた場合には、データ通信の速度が制限されてしまう可能性があります。

容量が決められているプランを選ぶ時には、余った容量を引き継ぐことが出来るかどうかも確認しておくと良いでしょう。

データ通信はあまり使わず、通話を主に利用しているという場合には、かけ放題プランを選ぶと良いでしょう。

プランによっては、一定の条件を満たすことで無料で通話をすることが出来る場合もあります。

プランについて分からないことがあれば、契約前に確認をすることが大切です。