MVNOの支払いにデビットカードは使えるのか

MVNOと契約を結ぶ時に、支払い方法で最も多いのが、クレジットカード決済によるものです。
クレジットカードを所有しているという人であれば、問題なく契約を結ぶ事が出来るでしょうが、クレジットカードを持っていないもしくはクレジットカードを持つことが出来ない状況にあると言う人もいるでしょう。



そのような場合には、クレジットカード決済以外の支払い方法に対応しているMVNOを選ぶようにしましょう。MVNOの中には、デビットカードや口座振替での支払いに対応しているところもあります。


ただし、クレジットカード決済以外での契約となる場合には、一定の条件を満たす必要がある場合があります。

例えば、スマートフォンなどの端末本体とSIMカードのセットでの購入ではなく、SIMカード単体の購入・契約であるということや事前に電話で問い合わせをする必要があるという事、一部選択することが出来ないプランがあるという事があります。

デビットカードや口座振替での支払いを選択することが出来るところは少ないため、選択肢は少なくなってしまいます。
なお、クレジットカードと同じように様々な支払いに使用することが出来るデビットカードであれば、口座振替に対応していないMVNOでも利用することが出来るのでは無いかと思われがちですが、デビットカードの月額料金の支払いについては、MVNOによって対応が異なります。

デビットカードの種類によって支払いに使用することが出来るところもあれば、そうではないところもあります。
MVNOによって対応が異なるため、契約をする前にしっかりと確認をするようにしましょう。



なぜ、MVNOによって対応に違いがあるのかというと、デビットカードの支払いの仕組みにあります。
デビットカードは、利用するとすぐに所定の口座からお金が引き落とされます。

もし、料金の請求があった時に口座の残高が不足していた場合には、支払いをすることが出来ず、その旨を利用者に伝え、取り立てをする必要があります。

MVNOの大きなメリットは、安く利用することが出来るということです。



クレジットカード決済であれば、確実に代金を回収することが出来るため、代金を利用者に請求する手間と費用を抑えることが出来ます。

デビットカードでの支払いはそれに反することですので、デビットカードでの支払いを検討しているのであれば、それが可能かどうかあらかじめ確認をしましょう。

通話は無料通話アプリで行い、データ通信のみの利用であると割り切って利用するのであれば、プリペイドSIMを利用するという方法もあります。

プリペイドSIMはチャージをした分しか使用することが出来ないというデメリットはありますが、家電量販店やコンビニで売られているチャージ用カードを購入することで、簡単に使うことが出来ます。

クレジットカードもデビットカードも銀行口座を開設する必要もありませんので、気軽に利用することが出来ます。