MVNOの特徴とメリット

最近よく耳にする機会も増えてきているMVNOですが、これは別名を格安スマホとも呼ばれており、正式名所としてはMobileVirtualNetworkOperatorであり、日本語にすると仮想移動体通信事業者となります。

もっともこのような難しい正式名称で呼ぶことはほとんどなく、格安スマホまたは格安SIMと一般的には呼ばれるケースが多い傾向にあります。
そんなMVNOですが、そのメカニズムとしてはMNOこと大手携帯会社のキャリアから通信インフラをレンタルすることで成り立っており、そうすることでユーザーに対してキャリア直接契約よりも価格を抑えた通信費での契約が可能となっています。



ちなみにMVNOはインターネットプロバイダなどのメーカーが実施しているケースが多いですが、それとはまったく異なる異業種も参戦しており、人気の高まりとともに参加メーカーも増加傾向にあります。



それゆえに通信価格が安価というメリットだけでなく、プランなどもさまざまなものが用意されてきていますし、そのメーカーならではのポイント優遇や割引サービスなどを提供しているケースもあります。



もちろん通信機能についても大手キャリアのものを利用しているため、キャリアのものと遜色なく利用できますし、それでいてやはり価格が安いというところは、MVNO最大の魅力でもあります。

もっともそんなメリット満載のMVNOですが、キャリアのものと比較すると、実店舗がないので心配といった意見もちらほら聞かれます。けれどもこれについては実店舗があるところもありますし、インターネットサイトでトラブルや契約内容についても対応しているため、実店舗に足を運ぶよりもむしろ簡単かつ手軽に利用することができます。またキャリアメールなどの一部のサービスが使用できなかったり、通話料金が高い設定が多いといったデメリットもありますが、データ通信に特化していたり、通話料金を抑えるプランなども最近では増えてきています。
それゆえにこういったデメリットについては、さまざまなプランやサービスを比較検討し、うまく避けることも可能です。
よってMVNOを選ぶ際にはこういったプランやサービスが自分の条件や目的に合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。


その例として、家族と同じものを選択するようにしたり、使用しているプロバイダを選ぶことで、さらに安価に利用が可能となるケースなどもあります。

他にもたくさんのメーカーのものを比較するため、比較サイトを利用したりしても良いですし、ランキングなども参考にしてみるといった方法もお勧めです。このようにMVNOにはメリットもデメリットも存在していますが、やはりキャリアよりも低価格でスマートフォンが利用できることは大変魅力的であるために、すでに世の中ではその存在はしっかり定着しつつあり、最初からMVNOを利用する人はもちろんのこと、新たにキャリアからMVNOへ変更するといった人も増加傾向にあります。