MVNOで携帯の契約をする手順

これだけを聞いても意味がわからない人が圧倒的に多いはずです。
MVNOは仮想移動体通信事業者であり、この存在は携帯電話の契約を行っている会社と認識してください。



回線の契約をしているだけではなく、最近では格安のスマートフォンも販売していますので、総合的な解釈としてはいままでのキャリアの利用よりも安く携帯電話を持つことができる存在となります。

容量や使い方によって異なりますが、安くなることが圧倒的に多く、それだけではなくいままでのキャリアの利用料金よりも3分の1程度安くなることも多いですので、注目するべき存在であることがわかるでしょう。

そのMVNOと契約をするには、手順を知っておかないといけません。

まず行うべきなのは、契約をしているキャリアとの決別になりますが、そこまで急ぐ必要はありません。


まず行うべきことはMVNOの選別になります。

たくさんの業者がありますので、容量や料金などから導き出すようにしましょう。
そこで参考になるのが、いままでのキャリアで利用してきた明細になります。


ここを見るだけでどのくらいの容量を使っており、通話時間も調べることができますので、念入りにチェックをしておきましょう。

この明細を頼りに自分に合っているMVNOが提供をするSIMカードを購入してください。
格安SIMを販売しているのがMVNOと解釈しても構いません。
そこで問題になってくるのがSIMの存在になるでしょう。


通信方法によっても変わりますが、ほとんどのスマートフォンや携帯電話にはSIMカードが入っています。



これによって通信を行うことが可能です。

よってこれがなければ携帯電話を使用することができません。

MVNOは容量や通話時間によって適したSIMを販売していますので、今まで使っていたキャリアの明細を頼りにして適切な製品を選ぶようにしましょう。

選ぶことができたら、SIMカードが手元に届いていることになります。



これを携帯電話に挿入してください。

挿入方法は機種によって変わってきます。
ただし機種によってはそのキャリアしか利用できないようにロックが掛かっている可能性があります。

ドコモをいままで使って入ればそれほど問題になることは少ないですが、それ以外になるとロック解除が必要になりますので、それに応じて申請をしてください。

SIMカードの挿入を行えば、次は重要なアクセスポイントの設定に入ります。
機械に疎い方にとっては難関のように感じるでしょうが、SIMカードの説明書を見れば簡単にできるようになっていますので、それほど難しく考えないようにしましょう。


これが成功すればアンテナが立つことになり、携帯電話が利用することができるようになります。現在使っているキャリアの利用料金に不満を持っている人にとって、MVNOが提供している格安SIMこそ解決策になりますので、積極的に切り替えを検討してみると良いでしょう。


利用料金が驚くほど変わる可能性があります。