月額ワンコイン以下で利用できるMVNO

MVNOから販売されているモバイル端末向けの通信サービスである格安SIMは、利用料金が安い上に2年毎に自動更新される契約の縛りなどもないため、契約の自由度が高く非常に利用しやすいサービスです。大手携帯事業者のプランの場合ミドルユーザーやヘビーユーザー向けのプランばかりですが、MVNOのプランの場合にはライトユーザー向けのプランも充実しているのであらゆる人が快適に利用できるという特徴もあります。MVNOが提案しているライトユーザー向けのプランの具体的な内容としては、利用できる高速データ容量が非常に少ない、或いは全くかわりに月額基本使用料が非常に安いというものとなっています。



とくにデータ通信専用プランであれば月額定額制でワンコイン以下の料金で利用できるプランも多数あるほどであり、スマートフォンではLINEさえできればよいという人やWi-Fiアクセスポイントがある場所で過ごすことが多いという人にはワンコイン以下で利用できるプランは非常に有り難いプランだと考えられるのです。


月額定額ワンコイン以下で利用できるプランを展開するMVNOとしてまず挙げられるのがロケットモバイルというMVNOです。


ロケットモバイルでは「神プラン」というプランの取り扱いがあり、なんとこのプランのデータSIMは月額定額料金が298円となっているのです。

ロケットモバイルの神プランは通信速度が下り最大で200kbpsとなっていますが、データ容量の制限がなくいくらでもデータ通信ができるという特徴があります。
インターネットラジオなどを流しっぱなしで聴くことが多いという場合に特に威力を発揮すると考えられます。


月額定額ワンコイン以下で利用したいけれど高速データ容量もほしいという場合におすすめなのがイオンモバイルというMVNOになります。イオンモバイルのデータプランは1ヶ月あたり1GBの高速データ容量が付与されるプランが月額定額480円で利用できるので、常に通信をするわけではないけれどたまに通信をするという場合に適していると考えられます。


加えてイオンモバイルはイオンの店頭窓口で契約ができるので申込みがし易いという特徴もあります。



普段は公衆無線LANが充実しているエリアで過ごすことが多いという場合におすすめなのがワイヤレスゲートの格安SIMです。
ワイヤレスゲートの格安SIMは月額税込み480円で利用ができ通信速度については最大で250kbpsの速度で制限なしのデータ通信が可能です。

ワイヤレスゲートの格安SIMの大きな特徴は有料の公衆無線LANを追加料なしで利用できるという点にあります。

利用できるWi-Fiスポットは全国40、000箇所にも及ぶので全国の質の高いWi-Fiスポットが使い放題になると考えて差し支えないでしょう。



この他のMVNOでいいますと、DMMモバイルの格安SIMやトーンモバイルのServersManSIMLTEもワンコイン以下での利用が可能となっています。

節約意識が高い場合にはこれらのMVNOの格安SIMを利用してみることをおすすめします。