iPhoneが利用しやすいMVNO

格安SIMでiPhoneを利用する場合、iPhoneをどこから購入するのかということは大きなテーマの一つであると言っても過言ではありません。

最もベーシックな方法であり多くの人が真っ先に考えるのがアップルストアからのiPhoneの購入だといえるのですが、実はアップルストアから直接iPhoneを購入するという方法はITリテラシーが高い人以外にはあまりおすすめできません。

アップルストアからSIMフリーモデルのiPhoneを購入した場合、格安SIMを契約した後の初期設定などを全て自分で行わなくてはならなくなるため、特に格安SIMの利用が初めてという場合にはおすすめできないのです。

格安SIMを初めて利用するという人でも安心して利用できる手段としておすすめなのが、MVNOから格安SIMとiPhoneをセットで購入するという手段になります。

絶対数は多くないものの複数の主要なMVNOではセット端末としてiPhoneの取り扱いがありますし、セット端末として購入したiPhoneであればMVNOが初期設定を済ませておいてくれるのでITリテラシーが高くない人でも問題なく利用できるのです。


iPhoneのセット販売を行っており、初心者から上級者まであらゆる人におすすめなのが、UQmobileというMVNOです。



UQmobileはauと同じKDDIの子会社ということで利用している通信回線はauと同等という特徴があります。

また他のMVNOと比べると実店舗の展開数が絶対的に多く店頭窓口での契約やサポートに拘るという人でも安心して利用ができます。



UQmobileではiPhoneSEやiPhone6sといったiPhoneの取り扱いがあるので自分に適したiPhoneの選択もできます。


UQmobile以外のMVNOをみてみますと、ビッグローブモバイルというMVNOも格安SIMとiPhoneのセット販売を行っています。

ビッグローブモバイルは2017年にauグループの傘下にはいり、現在はUQmobileと並んでauのサブブランドというポジションとなっています。
auの傘下となったことでドコモ回線に加えてau回線の取り扱いも始まりましたし、iPhoneのセット販売も始まったのです。なおビッグローブモバイルでもiPhoneSEとiPhone6sの取り扱いがあります。

さらにはiPhoneの公式取り扱いのMVNOではありませんが、エックスモバイルというMVNOでも格安SIMとiPhoneをセットで購入することができます。

エックスモバイルでは独自のルートでiPhoneのアウトレット品を調達し、低価格で格安SIMとセット販売を行っているのです。

なおエックスモバイルのiPhoneは未使用品でありますが、AppleCare+というアップルの公式の端末補償サービスには加入ができず、端末補償についてはエックスモバイル独自の保証となる点に注意が必要です。