会計士転職に向いているのは勉強好きの人

会計士転職に向いている人は、勉強が大好きな人です。公認会計士の試験は、最難関国家資格の1つとされているので、かなり勉強をしないと合格できません。公認会計士試験は、弁護士や医師の試験に匹敵するくらい難しいとされています。しかも税理士のような科目合格制度はなく、一発合格が求められます。

何年チャレンジしても合格できずに挫折する人も少なくありません。この試験に受かるためには、とにかく勉強が好きであることが必要です。勉強するのは大嫌いだが会計士転職したいですというのは通用しません。公認会計士の試験に合格して会計士転職を達成してしまえば、もうガリガリ勉強する必要はないだろうと考えている人がいますが、それは甘いです。

公認会計士としてしっかり仕事をしていくためには、一生勉強をしていく必要があるでしょう。会計や税金に関する法律というのは、毎年のように改正されますから、それらに対応していくためには、常にアンテナを張り巡らして勉強をしていかなければいけません。情報の更新を怠ると、クライアントに迷惑をかけて自分の会計士としての信用も落としてしまいます。公認会計士として独立して自分の事務所を構えようというのならば、なおさら勉強をする姿勢が求められます。

会計事務所や監査法人も競争が激化してきていますから、何もせずとも稼げるという状況ではありません。会計士として生き残っていくためには、自分の専門分野を確立すべく絶えず自己研鑽する必要があります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.