失敗しないための会計士転職

資格職である会計士。資格があれば転職にも有利であるため、転職に成功しているケースが多いのでしょうか。実は、会計士転職に失敗しているケースも少なくありません。現状よりも良い条件で働けることを期待し転職に臨むのですから、できる限り失敗したくないものです。

それでは、失敗しやすいケースから学び、自らの転職活動に活かしましょう。まず、会計士の主な転職先としてよくあがるのが監査法人です。企業の決算に合わせて監査業務を行う職場。監査は公認会計士にしかできない業務のため、資格を最大限に活かせることでしょう。

次に、会計事務所や税理士事務所。主に税務に関する業務を行う職場です。キャリアを積むことで、いずれは独立することも可能であるというメリットもあります。そして、一般企業も転職先の選択肢の1つです。

主に財務や経理を担当する部署に配属になることが多いようです。最後に紹介するのは、コンサルティング会社。会計や政務の専門的な知識の需要があります。多くの転職先がある中で、なぜ会計士転職に失敗してしまうのでしょうか。

多いとされる失敗原因の1つは、情報収集不足です。転職するにあたって、転職先の情報を調べることは重要なポイントです。公式ホームページや求人情報などからも情報収集はできますが、良いところしか見えてこないという落とし穴があります。人づてに評判を聞いたり、できるだけ多くの情報を集めて悪い情報も吟味して判断できることが望ましいです。

また、闇雲に調べていても転職先はなかなか絞れません。あらかじめ、自分の希望や働きたい条件をある程度固めた上で情報収集していくことも、なるべく失敗しない転職方法の1つです。十分に情報収集をし長所や短所も知った上で会計士転職することで、入職後のギャップが少なくて済むでしょう。会計士転職のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.