税理士転職で会計事務所を見極めるコツ

税理士として働いている職場として多いのが会計事務所ですが、大手の事務所以外に個人で運営している事務所など様々あります。実際に税理士転職を行う際は、転職先となる事務所を探す必要がありますがしっかりコツを抑えておく事が重要です。税理士転職を行う上でよい職場かどうかが大きなカギとなりますが、まず求人情報から残業の有無や報酬に関する項目をしっかり把握します。税理士転職をするうえで報酬はとても重要なポイントの1つであり、残業があるかどうかよりもしっかり報酬が支払われるかどうかが大切です。

そのため給料と合わせて残業代など適正な報酬額を支払っているかどうかを、事前にチェックする事が重要といえます。次に見極めるコツとして働いている従業員の年齢構成があり、年齢層に偏りがないかどうかという点です。様々な年代の人が働いている職場というのは、人材育成がうまくいっているという表れでもあります。面接の際に従業員の年齢構成を確認する他、社内を見渡せる場合は年代をチェックしてみるのもよい方法の1つです。

最後に一番大切なコツとなるのが所長の方の態度であり、面接の際に対面できるのであればしっかりチェックするようにします。所長の態度によって運営方針だけでなく、自分が実際にここで働くことを想像する事が出来ます。ワンマンタイプの人なのか、人材育成に尽力を注いでいる人であれば仕事だけでなく人としての生き方など様々な部分を学ぶ事が出来ます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.