税理士転職を目指すメリット

コロナ禍で業績が急激に上がった企業と下がった企業とで明暗が分かれ、大手の企業が「50歳定年」を導入すると報道され、会社勤めの方は働き方を見直す機会になったのではないでしょうか。サラリーマンで年功序列で収入が上がっていき、終身雇用が約束された時代は既に過ぎています。これから副業をお考えの方や手に職を付けたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、これまで資格だけは取っていたけれどその分野で生かす機会がなかったという方も、これから資格を活かそうと見直す機会になったのではないでしょうか。

手に職を付けるという意味でおすすめなのが「税理士転職」です。税理士に年齢制限はなく、今の会社では働きながら資格習得を目指し、取得後に税理士転職を果たすというのも一つの手です。もちろん働きながら資格取得をするのは並大抵のことではありませんが、将来は安定した収入を得たい、税のことを理解し損をしない節税対策を行いたいという方にも税理士転職を目指した勉強はおすすめです。日本には義務教育期間に税制の勉強をする機会がなく、知らずに損をしている方が多く、また大人になってからは会社で年末調整を行ったことはあっても確定申告の仕方が分からないという方もいます。

そのため、税理士への道を目指すことは今後の人生で損をしない生き方を身に付けるということでもあります。また、税理士の仕事は年末と年度末に増えるため、多忙ではありますが一生を通して需要のある職業です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.