税理士転職で即戦力になれる人材なら秋から冬が狙い目

経験を積み重ねてきた自信と高い専門知識があることを誇りと考える税理士なら、税理士転職を果たしても側線六となれるはずです。税理士転職で入社をしてすぐにその事務所の力になれるレベルなら、時期的に11月から12月あたりは税理士転職活動をするにも向いています。毎年11月から12月ともなれば年末調整や確定申告本番の時期が到来するタイミング、国内ほとんどの事務所では忙しくなる時期です。会計事務所税理士法人も迫られるので、求人への応募人数が高めになります。

たくさんの求人の中から選び抜かれるということは、それだけ入社後の即戦力への期待が大きいという事です。同時にこのタイミングで採用をされる人はかなりラッキーであり、だからこそ待遇が良いことが多いので狙い目でもあります。秋から冬にかけての忙しい時期の転職ができたら、すぐにその職場に馴染み力にならねばなりません。年末の繁忙期がやってくるのは目の前なので、採用をされて働き始めても、ゆっくりと時間をかけて指導を受けられる余裕はまずないです。

だからこそ経験浅いことや知識不足だと不利ですが、十分な実績を積み重ねてきた税理士なら問題はありません。税理士試験受験中の人ならば、世の中がレジャーに明け暮れるゴールデンウイーク前なども狙い目です。理由はポテンシャル採用であるため、他の時期よりも入社がしやすくなります。一斉に応募をするのは8月に入ってから、それは税理士試験が終了をしたタイミングだからであり、時期を見計らう事はとても大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.