税理士転職を希望したいけど未経験の場合は?

税理士の仕事は、主に税務や会計業務を請け負う会計でとても専門性が高い職業です。会計事務所で働く多くの人は税務に関する知識はもちろんのこと、会計における専門知識を十分に備え、経理業務などの実務経験を持っている人達もすくなくありません。そんな会計事務所に税理士転職を希望するけど、実績のない未経験であった場合に税理士転職は果たして不可能なのかどうか、その答えは必ずしもノーではないです。実際にまったくの実務経験がない場合でも、その知識を裏づけることができる、保有資格があればそれが評価され、会計事務所に採用されるケースもあるのです。

ですので無資格でも採用してくれる会社はあります。もちろん資格の有無により会社に任せてもらえる仕事内容は変化する可能性があります。今現在無資格であるが、税理士転職を考え税理士を目指している場合、会計事務所での実務経験はとても必要な要素と言えます。実際に働きながら実務をしっかりと覚え、会計事務所で経験を積むことは税理士試験の勉強にも大切で役立ってくれます。

また一部の科目だけでも合格していれば、より無資格でも採用の期待は高まります。税理士転職では、簿記をはじめ会計分野における関連の資格よりも、より評価されるのが税理士試験の科目合格がその理由です。税理士転職のコツは、まず応募する際に求人にて資格の有無を確認し、面接のときには今後税理士の資格取得を目指すという意思を明確に相手に伝えることも、税理士の転職に好印象を与えることが期待できます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.