税理士転職の求人票の見方

税理士転職を考え始めたら、まずは市場の動向を調べて求人を集めます。求人票はできるだけたくさん集めるのが良いのですが、時期的に少ない場合には少し長い目で見て活動を継続しなければなりません。求人数の推移からも税理士転職に適しているのかを判別でき、数が減っている時には選択肢が少なくなりますので、もう少し待ってから動いた方が良さそうです。転職エージェントを活用すると、このような市場の動向についても教えてもらえますので、調べても分からないような時にはエージェントに相談するのがお勧めです。

タイミングに問題がなくて税理士転職を始めるのに適していることが分かったら、集めた求人票の内容をチェックしたり比べたりして違いを確認します。失敗しないためには募集の背景を探ることも大事ですので、なぜ人員を補充することになったかを確認しましょう。ワークライフバランスを重視しているのに、休日も出勤しなければいけないような職場ではいけませんし、本格的な業務を行いたいのに雑務ばかりがまわってくる場合にはスキルの停滞が懸念されます。規模に関しては10人以下の小規模事務所も多いのであまりこだわると転職先を見つけるのが難しくなりますが、小規模な事務所では所長の発言力が強すぎて、何かあっても意見を言えるような環境にないケースもあるため、体制を確認しておくと安心です。

ワンマン経営のところは、理不尽な環境でも甘んじているスタッフが大勢います。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.