税理士転職は実績が大切です

税理士は、税金の申告手続きなどについて高度な知識を持った国家資格です。この資格によって勤務するためには、国家試験に合格する必要があります。将来のキャリア形成のために転職を考えているなら、まずは経験を積むことが最優先です。資格を取得しても、一定の実務経験がないと税理士転職は困難だからです。

最初の就職から少なくとも数年が経過したら、いよいよ転職先について情報収集を始めましょう。税理士の就職先は、税理士や会計士の事務所が一般的です。よりよい待遇を求めて、ほかの事務所に移籍するのはめずらしくありません。しかし、税理士転職は別の選択肢もあることを忘れないでください。

それは、一般企業への転職や独立開業の道です。一般企業において、納税の手続きは欠かせない業務のひとつです。税金に関する専門知識を持つ人材は歓迎されるため、税理士転職の選択肢のひとつになります。規模な小さな企業ほど、専門知識を持つ人材は歓迎されるのではないでしょうか。

また、自分で事務所を立ち上げるのも税理士転職の道のひとつです。引き受ける案件を自分で選ぶことができるなど、メリットの大きな選択肢となります。しかし、取引先の確保など課題もあるので、手元資金などの準備が欠かせません。どのような形で転職するとしても、知識と経験の蓄積が大切です。

自信を持って業務をこなせるまで、まずは目先の業務に集中することがキャリア形成に役立ちます。実力をつければ、第三者から引き抜きの声がかかることもあるかもしれません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.