税理士転職を行う際の時期を考慮する事が大切

税理士として働きながら新たな会計事務所に転職するだけでなく、一般企業で働いていた人が税理士となり会計事務所n転職するという場合もあります。自分自身の新たな人生をしっかり歩むために、必要であれば税理士転職は重要なポイントです。ただし税理士転職を行う場合は、時期をしっかり考慮して行うという点が重要です。まず一般的な企業の場合は12月から4月頃までが仕事的に区切り安く、転職を考える人が多い時期とされています。

ただし逆に税理士の方が働く事が多い会計事務所などは、12月から4月までが繁忙期となります。そのためこの時期に税理士転職を行う場合、なかなか転職が進まないという事態になる場合が多いです。税理士として元々働いている人であれば繁忙期の忙しさは把握しているので、転職するのであればその時期を避ける事が可能です。ただし一般企業で勤めている人が税理士に転職する際は、繁忙期をしっかり事前に確認した上で転職活動を進める事がポイントといえます。

繁忙期の転職がなかなか進まない理由として、会計事務所自体の業務形態が大きく関係しています。一般企業のように面接担当者や採用担当者などがいる事は少なく、事務所の所長や管理職を携わっている社員が対応する事が多いです。そのため通常の仕事と並行して採用業務を行う必要があります。繁忙期であれば残業が続いたり仕事のスケジュールが付かず、なかなか面接まで予定がすすまないという事を考慮する必要があります。

税理士転職のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.