税理士転職の豆知識とは

税理士も、最初から独立をするのではなく就職することが多いです。企業に就職する場合もあれば税理士事務所に就職する場合もありますが、何か顔きっかけに税理士転職をすることもあるでしょう。税理士転職をする場合には、どのようなことに気をつけた方が良いでしょうか。税理士転職で気をつけた方が良いことが1つは、会場に到着してからのマナーになります。

まず言葉遣いなどに気をつけなければいけないのは当たり前ですが、日常的な言葉を使ってしまうことがあるため普段から丁寧な言葉遣いをしておかなければいけないところです。敬語を使うのは当たり前ですが、人によって敬語を使い分けることも重要でしょう。この辺までできていれば、日本人としてでなく税理士としてもよく見られる可能性が高いかもしれません。面接のときには、志望動機や今までの経歴などを聞かれます。

この時自分にとって不利なことを聞かれるケースがあるかもしれません。しかし、無理して不利なことを答える必要は無いにしても答えなければならない場合は嘘をついてはいけないでしょう。嘘をつくことにより、面接官にバレてしまう可能性が高い上に嘘が前提で就職することになってしまいます。つまり、1つの嘘をつくためにまた別の嘘をつかなければいけないこともあり、かなり疲れ切ってしまいます。

そして何より自分自身が何も得るものはありません。多少マイナス評価であっても本当のところを伝えたほうが印象が良く採用されやすいです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.