税理士転職をする場合のきっかけ

税理士になるのは難しく、税理士試験に合格しなければいけません。そして合格した暁には、独立を目指す人もいるでしょう。しかしながら残念なことに全ての人が独立できるわけではありません。例えば独立できる人がいるとしても、親の仕事をそのまま引き継ぐ場合などです。

このような場合でない限り合格してすぐの独立は難しいでしょう。少なくとも、どこかに数年勤めた後独立をするようなケースはありますが、いきなり独立をしてうまくいったケースはほぼないといってよいです。そこで最初は、試験に合格した後税理士事務所や会社などに勤務することになるはずです。顧問税理士として活躍することもできるかもしれません。

ですがその会社や事務所があまり良い所でない場合には税理士転職をした方が良いかもしれません。税理士転職をするきっかけの1つは、十分な待遇が期待できない場合です。たとえば極端に給料が安い場合などがこれに該当します。あるいは、人間関係が悪くそのまま働き続けるのが厳しい場合も考えられるでしょう。

人間関係が悪い場合は、とにかくストレスが溜まり仕事どころではありません。最初は待遇が良かったけども、途中から待遇が悪くなるケースもあります。会社の経営が厳しいと社員の働き方の改善が要求されますます条件が厳しくなるようなこともあります。その場合も税理士転職をするきっかけになり得ます。

それ以外に考えられる税理士転職のきっかけは、引っ越しをして職場を変えたい場合などがこれに該当するでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.