税理士転職の選択肢を紹介

税理士転職の選択肢として挙げられるのが会計事務所または税理士事務所、一般企業や金融機関、コンサルティングファームの4つです。税理士事務所と会計事務所は代表の税理士や会計士と共に働くスタッフらによる個人事務所とされていますが、税理士法人の場合は税理士2名以上で運営することができ、支店を設けることも認められています。大手の税理士法人では語学力など税理士としての高い能力が求められますが、その分高度な税務に携わることが出来るためキャリアアップを目的とした税理士転職には適しています。一般企業に転職する際は会社の税務や経理、財務などの幅広い業務に従事するほか、経験値が高く実績がある場合には企業の管理職として採用されることもあります。

税理士転職で金融機関を選ぶ場合、業務内容はコンサルティングや資金調達といった顧客と直接やりとりするフロントオフィスと、フロントオフィスの支援などの社内での事務作業を行うバックオフィスの2つに分けられます。それぞれフロントオフィスは直接顧客の対応を行うため人脈づくりにつながり、独立の際に役立つほか、バックオフィスでの業務は税理士としての専門性が活かせるというメリットがあります。コンサルティングファームはクライアントに合わせてそれぞれの事業所に様々な専門分野がありますが、税理士の需要が高いとされているのは企業再生や経営コンサルティング、財務や会計系を専門とする事業所です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.