税理士転職をするなら自分の将来イメージを明確に

税理士転職をするなら、自分が将来どうなりたいのかをしっかり考えておく必要があります。将来イメージが具体化されていないのに税理士転職をするのは危険です。将来は独立して自分の会計事務所を起こしたいというのであれば、どこか会計事務所に就職して会計の実務・スキルを学びつつ、事務所運営の方法なども勉強するのが一番の近道でしょう。しかし、一口に会計事務所といっても運営方針は様々なので、自分の将来イメージに合ったところに就職する必要があります。

例えば、何人もの税理士が共同して運営している大規模なところもあれば、税理士と数人のスタッフで小規模営業している事務所もありますし、企業向けに資金調達コンサルティングに力を入れているところもあれば、相続税に的を絞ってサービス提供しているところもあり、実に個性ゆたかです。税理士転職で失敗しないためには、自分がどの分野で勝負したいのか、あらかじめ明確にしておかなければいけません。税理士転職は、独立を目指すのだけがすべてではありません。企業内税理士として活躍している方も多いです。

独立して自分の事務所を構えるのは、なかなか大変でリスキーでもあります。一方社内税理士は、社内で自社の会計や税務だけをやればいいのでわりと楽ですし、一流企業などに就職しているのであれば、かなりの高待遇が期待できるかもしれません。下手に小さい会計事務所に就職すると、忙しいわりには給料が安かったりするので、ある程度の規模の社内税理士になるのがおすすめです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.