職場の候補から税理士転職を考えること

税理士としてキャリアアップを考えて、税理士転職をしたいという方もいるでしょう。そのような場合に問題となるのが、転職のためにはどのような職場を選ぶのが適しているのかという点です。キャリアアップの道として選ばれることが多い選択肢の1つが、会計事務所への転職になります。会計事務所に転職することで、法人や個人のクライアントを担当して税務顧問契約の仕事を担当することになります。

また税理士転職において、大きな仕事を担当したいと考えていても、規模の大きい法人の仕事を個人で獲得するのは難しくなっています。最近は個人事務所の税務顧問の仕事を多く受け持っている会計事務所が増えているので、業務内容を確認したうえで転職先について考えていくようにしましょう。ほかにも税理士転職では、資格を活かして一般企業の経理部などで働く場合もあります。税理士以外の人と関わることで、経験を積んで自分の能力を高められるのが一般企業で働くメリットの1つです。

税理士としてより大きな仕事、やりがいのある仕事に関わりたいなら海外進出する企業で働いて国際税務の仕事に関わるという選択肢もあります。また税理士によるコンサルタント業務への税理士転職をするケースも増えています。税務申告書などを作成する立場ではなく、コンサルタントとして相談に乗るなど企業の経営により深く関われるようになります。同じ税理士の仕事でもさまざまな道があるので、どのような方向に進みたいか考えて、キャリアアップのための転職について検討しましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.