税理士転職事情について

税理士は、税務代理や税務書類の作成・税務相談を主におこなう仕事で、その他にはコンサルティングやアドバイザリー業務などもおこなうことがあるので、業務の幅が広く専門的な知識が必要になる職種になります。確定申告の業務も税理士がおこなうので、確定申告の時期にはとても忙しくなるといった特徴があります。税理士転職は、他の職種に比べて求人も多く転職しやすい傾向にあります。税理士転職のおもな先は、会計事務所や税理士法人が最も多く、一般事業会社や会計系・資産税系のコンサルティングファームなどに転職される方もいます。

20代の場合の転職事情は、法人顧問業務や申告書作成業務の担当者としての採用が多く、未経験でも可能な場合が多くあります。30代の転職事情は、マネジメントを期待されるケースが多いです。年齢によって求められていることが違うので、転職する際には自分の強みをアピールすることが大切になります。事務所によっては経験よりも資格を重視するところや経験を重視する事務所などさまざまあるので、自分の持っているスキルに合った方を転職先に選ぶようにすると良いです。

税理士転職を希望する際には、税理士転職専用のサイトがあるので利用すると、希望に合った転職先を探すことができます。税理士が転職する理由は、自身のスキルアップを目指したい場合や仕事とプライベートのワークバランスを取りたい場合・人間関係の悩みなどさまざまあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.