税理士転職で失敗を回避するために

税理士転職で失敗をした人の多くはリサーチ不足です。応募する会社の募集背景をよく調べずに、求められるスキルや経験がマッチしているからと応募しています。しかし、募集背景を調べないとどのような事務所かも分かりませんし、中には常に離職者が発生して募集を行っているような事務所もあります。離職率の高い職場にはそれなりの理由があり、中途人材の募集を行ってもまたすぐに辞めてしまうため、安定して人材を確保することができません。

その結果、新しく入った人の負担が大きくなり、想像以上の量の仕事を任されてしまうことも多々あります。こんなはずではなかったという風にならないためにも、最低限離職率くらいは調べておくのが無難です。希望の環境で税理士転職ができている人は、リサーチに余念がありません。他の人がすぐに辞めていくような職場ですから、せっかく入社できても同じようにすぐに別の職場を探さなければならない可能性もあります。

頻繁に転職を繰り返すのはマイナスとなるため、慎重に動きたいところです。事務所内に有資格者がどれくらいいるのかも、必ず調べておきましょう。有資格者が少ない職場では教育体制が整っておらず、入った後に苦労するかもしれません。特定の資格やスキルが必要とされる税理士転職では待遇面が良くても環境面で問題が発生するケースが多く、所長以外に有資格者が居ないケースでは特に注意が必要です。

年齢層が特定の範囲に限定されている場合も気を付けなければなりません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.