未経験で税理士転職を成功させる人材の傾向

税理士転職を成功させている人材の傾向を調べてみると、最大手と言われるいくつかの会社では未経験の採用をほとんど行っていません。やはり即戦力となる人材を求めており、通過するのはかなりハードルが高くなります。学歴も高い人が多く、科目合格者なら最低でも3科目はクリアしておきたいところです。1科目では話になりませんので、受けたい場合には事前にしっかりと準備をした上で臨むべきです。

語学を求められるケースもあり、ビジネスレベルの英語力があることも条件の一つになります。これらの要素を全て満たしていて、なおかつ20代であればチャンスがありますので、クリアしていたらチャレンジしましょう。中堅規模から大手の事務所になると、少しだけハードルが下がります。それでも簡単に税理士転職を成功させられるわけではなく、やはり難関であることに違いはありません。

科目合格数を見ると2科目以上に合格していればチャンスがあり、未経験でも受かる可能性があります。幅広い案件をこなす必要があるため、理解力が求められるシーンもたくさんあります。未経験者にとってもっとも受かりやすいのが個人の会計事務所です。知名度が低くて応募があまり見込めないことから、未経験者でも採用されるチャンスがあります。

人材採用のノウハウも持たないため、面接では人物重視になることが多いようです。熱意をしっかりと伝えることができれば、税理士転職を成功させられるかもしれません。税理士転職のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.