お中元を贈るマナーとは

お世話になった人に感謝と今後の付き合いをお願いする気持ちを込め、夏に贈るのがお中元となっています。目下の人が目上に贈ることが一般的であり、マナーには充分気をつけて置かなくてはなりません。贈るタイミングや贈り方を郵送にするのか手渡しにするのか、金額や品物選びなど気をつけるべき点は多々あります。お中元の金額相場としては、三千円から五千円が一般的になっていますが、相手との関係性や自分の社会的立場により異なってきます。

特別お世話になった人には、一万円の品物を選ぶこともありますが、基本的に最初に贈った金額から変えることはマナー違反となっているので気をつけましょう。相手の趣味や嗜好に合わせた贈り物を選ぶ必要があり、好みがわかる時には問題はありませんが、そうではない時には頭を悩ませることになります。お中元の品物として選ばれることが多いのが、清涼飲料水やビール、冷たいスイーツや果物、そしてタオルや洗剤といった日用品です。相手の家族構成にも注目しておき、賞味期限が短いものは避けるなど相手の立場になり喜んでもらえるものを選ぶことが大切です。

郵送にする人が増えていますが、その場合は相手の都合が良い日時を確認しておき、確実に受け取ってもらえるようにしておく配慮も大切です。郵送にする時には、あらかじめお中元を贈ることや、届く日時を伝えるためのハガキや手紙を出しておくようにしましょう。親しい間柄の場合には、電話でも問題はないケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です