お中元の意味を正しく知ろう

毎年夏が近づく頃になると、デパートでは「お中元」の文字が並びます。「お中元」は、お世話になっている人への感謝の気持ちと、今後とも末永くよろしくお願いしますという意味を込めて、贈り物をすることです。もともとは中国の道教の風習で、旧暦の7月15日が中元とされており、その日に神様に贈り物をしたということが起源とされています。日本でも夏のこの時期は盂蘭盆となりますので、贈り物の風習が定着したのです。

「お中元」は一般的に目下の人が、お世話になっている目上の人に品物をおくるという形が一般的とされています。贈る時期は1年の上半期のおしまいの頃である、7月から8月の間が妥当です。「お中元」は夏、と覚えておくと良いでしょう。「お中元」と似た風習に、「お歳暮」があります。

「お歳暮」は1年の感謝を込めて品物をおくるという風習です。基本的には対とされているこのふたつの風習ですが、優先度は「お歳暮」のほうが高いとされています。どちらか一方にする場合には、1年の分を感謝する「お歳暮」のほうが優先されるからです。「お歳暮」に関しては冬、という認識でいれば問題ないでしょう。

贈り物をする相手は、仕事でお付き合いのある人や会社の上司など、目上の人が相応しいとされています。仕事関係以外の場合は、恩師や離れて住んでいる家族、義理の両親などにおくるケースも多いものです。ただし、公務員の一部の人々はこうした贈り物を受け取ることを、禁止されていますので注意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です