お中元を手渡しする時のマナー

近年、お中元は配送で贈るというのが主流となっています。ですが、お世話になった方や近隣に住んでいる方に贈るという場合、感謝を伝えるために手渡ししたいというケースもあるでしょう。お中元を手渡しする際は、失礼のないようにマナーを守る必要があります。先方のお宅などを訪問する時は、どれだけ親しい間柄であっても訪問する時間を必ず、相手に聞いておくのがマナーです。

電話で聞いても問題ありませんが目上の方に対しては、手紙で伝えるのが正しいマナーと言われています。訪問時間は相手の都合を優先しますが早朝やお昼時、夕方以降は避けた10~11時、または13時半~16時頃に伺うようにします。訪問する際は親しい間柄の方であっても、カジュアルな服装ではなくスーツなどを着用するのがおすすめです。もし、約束している時間よりも早く到着してしまった場合は、訪問するのは避けましょう。

先方も出迎えるための準備があるため、約束している時間から3分から5分ほど遅れて訪問するのが良しとされています。もし、10分以上遅れてしまうようであれば、遅れてしまうことを必ず連絡します。訪問先に到着したら建物の外で、帽子やコートは脱いでおくのがマナーです。生ものや冷凍品など早く冷蔵庫に入れたほうが良いものをお中元として選んでいる場合は、玄関で一言伝えて渡します。

玄関先でのあいさつは簡単に済ませて、正式なあいさつは部屋に通されてから行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です