大切な友人にお中元を贈る前に電話を1本かけてみる

離れて暮らす家族や親せきに職場関連など、お中元を贈る相手は大体この辺りという人は多いです。ですが思い切って夏になったら、気心も知れた長い付き合いの、大切な友人にお中元を発送するのも悪くはありません。よく顔を合わせてお喋りもして、何かあった時には一生懸命力になってくれる、家族にも近い大切な友達にサプライズギフトです。特に予告なく品物が届いたら、ほぼ間違いなく友人は驚きますが、半面でかなり喜ぶことになります。

とはいえ本当にいきなり荷物が届くと驚かせてしまうので、事前に電話をして品物が届くことを伝えれば大丈夫です。送り状を送っておいてもいいですが、電話してみたら思い出話に花が咲いて楽しいかもしれません。昔からの友人だけではなく、ご近所付き合いをしている間柄の人や、子供がいる家庭ならばママ友に贈ることもできます。地域のつながりのある人やご近所ならば、発送ではなく手土産のように、気軽に持参できるものを選ぶことです。

昔何かとお世話になった方や、学校の先生や恩師にお中元を贈るのも良い考えになります。相手が自分よりも目上の方に当たる場合は、時代が変わったとはいえ商品券は避けたほうが無難です。お稽古ごとの先生や恩師など、相手の嗜好を考慮して品物を選びます。長く連絡も取っていなかった間柄なら、好きな食べ物も変わっていたり、わからないかもしれません。

そんなときには先生や恩師が、自分で選ぶことができる、カタログギフトを選ぶ手もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です